サイディング

サイディングも塗装が必要なの?

家の壁は、パネルを繋ぎ合わせるサイディングと、モルタルの塗り壁がありますが、最近の家はサイディングが多くなっています。サイディングボードは新築時に塗装してありますが、経年劣化で塗膜が落ち・・・

詳しくはこちら

サイディングのデザインや色を残して塗装できる?

家の壁は、従来のモルタルの塗り壁と、サイディングボードがあります。最近はサイディングが増えていますが、サイディングも塗装は必要です。サイディングは四角いボードを繋いで行くため、モルタル・・・

詳しくはこちら

外壁のツヤが無くなった、壁が変色している時の塗り替え

外壁の劣化症状の一段回目が、塗膜の艶が無くなることです。艶消し塗料を使えば始めから 艶がありませんが、艶がある塗料でも徐々に艶が無くなっていきます。新築から10年もすれば艶はほとんど無く・・・

詳しくはこちら

ガルバリウム鋼板を外壁材で使う場合の注意点

金属系サイディングの中で、一時期注目されていたのが、「ガルバリウム鋼板」です。ガルバリウムやガルバとも呼ばれています。ガルバリウム鋼板は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%の・・・

詳しくはこちら

サイディング外壁のメリット・デメリット

住宅の壁の種類は、サイディング、ALCパネル、モルタルなどがありますが、現在はサイディングが主流になっています。この中で、塗り替え工事が多いのは、モルタルとサイディングです。サイディングが・・・

詳しくはこちら

サイディング外壁の劣化と塗装工事

サイディングには色々な種類がありますが、樹脂サイディングを除き塗替えが必要になります。一般住宅で良く使われているのは窯業系サイディングと金属系サイディングです。日本の新築の約7割が窯業系・・・

詳しくはこちら

サイディングやALCパネルの劣化サインと塗り替え

最近の家の外壁は、サイディングやALCパネルが使われることが多くなっています。サイディングは窯業系や金属系が主流で、ALCパネルは軽量気泡コンクリートのことですが、いずれの外壁も塗り替えが必・・・

詳しくはこちら

ALCパネルの劣化症状と外壁の塗り替え

ALCパネルとは、日本語では、「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」と呼ばれる材料です。略して軽量気泡コンクリートとも呼ばれます。主原料は、珪石、セメント、生石灰、発泡剤のアルミ粉・・・

詳しくはこちら

シーリング(コーキング)の劣化症状と打ち替え・打ち増し

シーリングとは、サイディングの繋ぎ目の目地部分を埋めるために使われている材料のことです。コーキングとも呼ばれています。シーリングは、サイディングと同じように、太陽光や雨風を受けて劣化しま・・・

詳しくはこちら

サイディングボードの塗り替えと張り替え

サイディングのリフォーム方法は、塗り替えと張り替えがありますが、最近は新築から初めてのリフォームで張り替え工事を行う家も増えているようです。多くの場合、リフォーム業者に張り替えを勧められ・・・

詳しくはこちら

サイディングの劣化とリフォーム方法

サイディングが売りだされた当時は、メンテナンス不要で半永久的に持つと言われることがありましたが、劣化したらリフォームが必要になります。窯業系サイディングボードは劣化すると、ヒビ割れや剥が・・・

詳しくはこちら

木質系・樹脂系サイディング壁の特徴と塗り替え

サイディングと言うと、窯業系サイディングと金属系サイディングが一般的ですが、他にも木質系と樹脂系があります。木質系と樹脂系はあまり使われておらず、ニーズが低いかもしれませんが、樹脂系サイ・・・

詳しくはこちら

金属サイディングの塗り替え~アルミ・ガルバリウム~

サイディング壁の中で、窯業系サイディングの次に多いのが金属系サイディングです。金属サイディングは、ガルバリウム鋼板、アルミニウム、ステンレスなどの金属で作られたサイディングのことです。・・・

詳しくはこちら

窯業系サイディングの塗り替えとシーリングの打ち直し

サイディング壁の中で最も利用されているのが窯業系サイディングです。デザイン性や防火性に優れ、新築住宅の約7割が窯業系と言われています。窯業系サイディングボードは、新築時に塗装が施されて・・・

詳しくはこちら

サイディングの種類~窯業系・金属系・木質系・樹脂系~

一般住宅の外壁は、サイディング、ALC、モルタル、タイルなどに分けることができますが、サイディングはさらに4つに分類することができます。窯業(ようぎょう)系、金属系、木質系、樹脂系の4つで・・・

詳しくはこちら

 お問い合わせはこちら