外壁塗装

外壁塗装の塗り替えサイクルは10年と言われています。それを過ぎてしまうと、防水機能が弱くなりモルタル部分がダメージを受けてしまいます。

家の資産価値を維持するためには、外壁塗装は必要不可欠なのです。

施工手順

1.足場仮設

工事の第一段階です。家全体を足場で囲み、メッシュシートを掛けます。
メッシュシートは近隣への材料の飛散防止や職人の安全を守る役割を果たしています。
足場・養生のイメージ図

2.高圧洗浄

外壁についたホコリやコケを高圧洗浄で洗い流します。家庭用の高圧洗浄機と違い、音も大きさも段違いです。
この工程がうまくできていないと、塗料がうまく乗りません。また、水しぶきが近隣に飛ぶ恐れがありますので、
近隣挨拶は十分に対応致します。
高圧洗浄の風景

3.下地処理

下地に不備があるとせっかくきれいに塗っても剥がれ落ちてきてしまいます。
痛みが有る箇所を判断して、万全の状態で塗り始めます。
目地のコーキングを打ち替え・打ち増等行い、防水性を高めます。

Vカット工法

4.養生・マスキング

塗装をしない箇所(窓・タイル等)に塗料がつかないように覆います。
腕のいい塗装屋は、ここに手を抜きません。養生作業中の写真

5.塗装

下塗り、中塗り、上塗りの合計3回塗りを行います。
3回塗りは基本で、手抜き業者は下塗り・上塗りの2回で済ませようとします。
下塗り・中塗り・上塗りの説明図

6.確認、補修

全体を細かくチェックします。

 

7.足場の解体

足場を解体します。最後に清掃を行い完了です。

工事後の保証

外壁の保証期間は5年〜です。その間に塗装の不具合等が発生した場合
保証内容に沿ってご対応いたします。

 お問い合わせはこちら