愛知の外壁塗装・塗り替えは塗装専門店の岡鈴へ。岡崎市を中心に名古屋市、豊田市、豊橋市、一宮市、春日井市、安城市、西尾市、刈谷市が対応

外壁塗装工事は必要?何もせず放っておくとどうなるの?

  • HOME »
  • 外壁塗装工事は必要?何もせず放っておくとどうなるの?

外壁塗装工事は必要?何もせず放っておくとどうなるの?

屋根や外壁の塗装は、建物を守るために必要です。新築時には塗装で守られていますが、長い時間が経つと紫外線や雨風によって徐々に劣化していきます。
一般的に使われているシリコン塗料の耐久年数が10〜15年ですので、15年に1回は塗り替えするのが良いとされています。
外壁が劣化した時にでる代表的な症状は汚れ、カビ、コケ、ひび割れなどがあります。

これらの症状が出てきた場合、塗り替えを考えた方が良いでしょう。年数はあくまで目安で、塗料の種類やお住まいの地域の気候によっては、もっと早く劣化する場合もあります。

 

劣化した状態で放置するとどうなるの?

使う塗料にもよりますが外壁の塗装は、耐久年数が10〜20年ですので、家を良い状態で保つためには定期的に塗り替えが必要になります。(屋根は直射日光を浴びるため壁よりも早く劣化します)
防水性が落ちてくると、雨水が浸水する危険性があります。建物内部に水が侵入すると、木部の腐食の原因になります。
家の土台や柱、梁などは交換することができませんので、この部分にトラブルが発生すると、致命的です。
塗替えをせずに20年以上放置している家も多いですが、劣化や浸水してもすぐに建物が崩壊するわけではありません。徐々に建物を痛めていき、問題に気づいた時にはすでに遅かったということになりかねません。

お見積もり・ご相談は無料です。 TEL 0120-889-730 電話受付時間 9:00〜18:00(月曜〜土曜)

PAGETOP
Copyright © 株式会社岡鈴 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.