愛知の外壁塗装・塗り替えは塗装専門店の岡鈴へ。岡崎市を中心に名古屋市、豊田市、豊橋市、一宮市、春日井市、安城市、西尾市、刈谷市が対応

塗り壁の塗装は塗料の吹付けとローラーはどちらが良い?

  • HOME »
  • 塗り壁の塗装は塗料の吹付けとローラーはどちらが良い?

塗り壁の塗装は塗料の吹付けとローラーはどちらが良い?

4cb135792e7e3e48a81b9104ae7df2ba

塗り壁の外壁塗装の広報として「ローラー」と「吹き付け」があります。
ペンキ塗りといったら刷毛でペタペタ塗るのをイメージすると思いますが、外壁や屋根の塗装で全面を刷毛で塗ることはありません。
ローラーと吹き付けのどちらが良いのかという質問を受けることがありますが、どちらが良いというのは難しいです。それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

ローラーと吹付けのメリット・デメリット

  ローラー 吹付け
メリット
  • 飛散が少ない
  • 塗りムラが出ない
  • 高所作業でも安心
  • 工事が早い
  • 模様が豊富
デメリット
  • 工事が遅い
  • 模様塗りに多様性が無い
  • 塗料が飛散する
  • 塗料の無駄が多い
  • 塗り残しの可能性

 

ローラーと吹付けのどちらが良い?

吹き付けでしかできない模様を付けたい場合には、吹き付けを選ぶしかありませんが、それ以外であればローラーが良いと思います。
吹き付けは飛散が多いので、住宅が密集している都市部や高所作業には向きません。吹き付ける為には塗料の希釈を多くするため、一度に厚く塗ることはできません。
塗装業者さんに質問すれば、自分の家でどちらが向いているのかを説明してくれますので、わからない場合は聞いてみるのが良いと思います。

お見積もり・ご相談は無料です。 TEL 0120-889-730 電話受付時間 9:00〜18:00(月曜〜土曜)

PAGETOP
Copyright © 株式会社岡鈴 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.