愛知の外壁塗装・塗り替えは塗装専門店の岡鈴へ。岡崎市を中心に名古屋市、豊田市、豊橋市、一宮市、春日井市、安城市、西尾市、刈谷市が対応

ウレタン塗料の特徴・単価・耐久性

  • HOME »
  • ウレタン塗料の特徴・単価・耐久性

ウレタン塗料の特徴・単価・耐久性

ウレタン塗料は1950年頃から使われている塗料で、シリコン塗料に押され仕様機会が減っていますが、弾力がありそれなりの耐久性を持った塗料です。
耐用年数は8〜10年とされており、アクリルのように極端に耐久性が低いわけではありませんが、シリコンとフッ素と比べると見劣りします。
単価は使う塗料や塗料業者によっても変わりますが、シリコン塗料よりは安くなります。

 

ウレタン塗料が使われるケース

①ログハウスなどの木材を多く使った家
②ベランダの防水工事
③細部の塗装

ウレタンは光沢があり弾力性が高いので、木部や塩ビ製の雨樋などの塗装に適しています。耐候性が高く防水性能もあるのでベランダの防水工事などに使われることもあります。
ウレタンは柔らかく密着性が高いので細部の塗装に使われることがあります。高級な仕上がり感が得られますが、紫外線で黄変しやすいデメリットもあります。
現在の外壁塗装では、シリコンが主流ですが、昔ながらの塗装屋さんの場合、ウレタン塗料を勧めてくることがあるかもしれません。
10年おきの塗り替えを考えている場合はウレタンでも良いですが、シリコン塗料と比べて激安というわけではありませんので、基本的にはシリコン塗料を選んだ方が良いでしょう。

お見積もり・ご相談は無料です。 TEL 0120-889-730 電話受付時間 9:00〜18:00(月曜〜土曜)

PAGETOP
Copyright © 株式会社岡鈴 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.